代表挨拶


企業理念

遊びを通した楽しさの提供


モノづくりの喜びと利益を追求


社員と家族の幸せを大切に


代表取締役社長 青沼 実

2020/01/30
ご挨拶

弊社がゲーム開発会社を始めたのは1986年で創業から30年以上になります。
ここまで長い期間、ゲーム業界で仕事が継続できているのも弊社を信頼して下さるゲームメーカーの皆様と、遊んで下さるお客様、そして可能な限りの努力をしている弊社開発スタッフの存在のおかげです。

創業まもない時期に企画開発をした宇宙艦隊戦シミュレーションゲーム「銀河英雄伝説Ⅰ~Ⅳ」PC版シリーズ(発売ボーステック)が大ヒット、その10年による評価とシリーズ化で会社の基礎を確立。
その後、セガサターン、プレイステーションなど家庭用ゲーム機への開発参入から、DS、PSP、switchなどの携帯ゲーム機、アーケードゲーム、スマートフォン、VR、その他のプラットフォームへ、その時代のニーズに合わせて柔軟に対応してきたことで、幅広いジャンルのゲーム開発に携わることができています。

この「過去にとらわれず、新しい事に次々チャレンジして行く」といった方針は、開発内容に留まらず、社員の働きやすさを考えての労働体制にも反映しています。
クリエイティブな仕事を発揮しやすいようにと考えたフレックス制度(3ヵ月清算)の導入、生涯現役で働ける会社を目指した育児休暇、介護可能な時短労働などの導入実績、オリジナル企画の報酬還元など、社員の生活向上にも力を入れています。
こういった取り組みにより開発力を維持することで、皆様が楽しめるエンターテインメントが提供できる会社になると考えています。
多種多様な時代を踏まえ、弊社は変わり続けてまいります。
今後とも、当社開発のプロジェクトにご期待ください。

―― 代表取締役社長 青沼実

※PCゲーム「銀河英雄伝説」©田中芳樹 徳間書店 徳間ジャパン キティフイルム  ©1988 BOTHTEC  ©MiCROViSiON